2006/04/01

セ・リーグ開幕

我が広島カープが開幕戦勝利しました!!

 

 

黒田~横山~ベイルの継投策もしっかりハマり、緒方、前田の両ベテランもいい仕事しましたね☆

 

今後も大いに期待したいと思います☆

ということで、ひとつ伸びましたが、次回は「爆笑アンテナ」第一幕最終回です。

| | コメント (1203) | トラックバック (748)

2006/03/31

連絡ノート

最近、金も無いのに3日間連続で居酒屋に通うという虚弱体質にはハードな生活を送っていました。

 

 

そのため更新できずに申し訳ないでっさ☆

 

 

それにしても世の中の情報にまったく付いていけてません。

 

 

 

でもなんでも明日(もう今日)セ・リーグも開幕なんだそうな・・・・。

 

 

 

時間は早いだっちゃ・・・・☆

 

 

ということで今日、4月から働く会社の同期と酒を交わし、すこしずつ社会人化していくハルです。

 

ちょうど今忙しい時期なので、そして多分これからも忙しいので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「爆笑アンテナ」、次回でとりあえず第一幕終了したいと思います。

 

 

きゃ~突然☆

 

 

といっても最初のほうにとりあえず4月までと書いてあったのですが・・・(笑)

ただブログは今後も更新頻繁にはできないでしょうが書いていこうと思っています。

なので次回がとりあえず最終回☆

| | コメント (2210) | トラックバック (581)

2006/03/26

野球漬け

 

この間CS放送でオンエアしている野球情報番組で、今年のプロ野球の順位予想を数人の評論家がしておりました。

 

さて、広島は何位に予想されているかというと・・・

 

 

 

 

ほとんどの評論家が最下位を予想☆

 

 

さすが広島カープです(笑)

しかし、たった一人広島を首位に予想している人間がいました☆

 

 

だれかしら?

 

 

 

誰でしょう☆

 

 

 

なんと・・・

 

 

 

 

元広島監督、達川光男☆

 

 

 

 

 

 

 

身内じゃん!!!

といっても身内でも広島優勝予想をするのはかなりいい度胸だが(笑)

 

 

ということで、ついにパ・リーグが開幕しましたねぇ~

なんかWBCの影響か観客動員数がなかなか高かったらしいです☆

うれしい情報ですね、これからもプロ野球の発展を強く望む次第であります

 

 

 

はてさて最近野球ネタが多いですね~

なんか他のブログの人も野球ネタっつうかWBCネタが多いようです

 

あの眞鍋ってぃも書いてました。

 

それぐらい野球人気が復活していい流れにあるようですね

そんなこんなでもちろん野球馬鹿のおいらも今日はパ・リーグの開幕戦を確認しました☆

 

 

でも普通の確認の仕方ではありません。

 

 

うちには必殺、テプコケーブルテレビによる野球観戦が可能。

そして偶然にも今日は全ての試合が13:00にプレーボール。

そして僕はプレーボールと同時にリモコンによる手動3ゲーム中継です!!

なんせ野球バカのおいらはチェックしなければならないことが多すぎます!

 

まずWBC組の調整具合。

次に注目選手、話題性のある選手のゲーム結果。

各チームの打順。

 

それだけを確認するだけでも大変なんです(笑)

一緒に見る親父は、あまりの番組の切り替えにどことどこが対戦しているのかもわからなくなります☆

でも今回もなかなか開幕戦、満足しました☆

 

まず、楽天一場投手がまだ2年目だというのに開幕投手を務め、負け投手にはなりましたが粘り強い投球をしたこと。

オリックス清原が2安打、2四球と4回の出塁の活躍。

 

とりあえず、野球漬けの一日。

広島はオープン戦にて巨人相手に5対0と満足いく結果を出しています。

カープもがんばらんと☆

| | コメント (1125) | トラックバック (858)

2006/03/24

おひさ~

更新が遅れて申し訳ないです

 

この数日、遊びほうけておりました(笑)

 

ということで久々の更新です☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、特にネタ無し・・・

明日頑張ります!

| | コメント (1010) | トラックバック (461)

2006/03/22

TVはWBCWBCWBCWBC・・・

 

世間はWBCの話題で持ちきりですね~

 

 

残念ながら、こんな大切な日にモスバーガーにバイトしに行っちゃいました。

 

僕はAM10:30に出勤

 

この時間ですでにプレーボールすら観戦することは不可能。

 

心の中で日の丸に向けて君が代を唄います(実際はフライヤーを前にポテトを揚げてます)

 

しかし、お客様はポツポツと来るばかり・・・

 

店長(堀内さんが嫌いで今年カムバック原監督と同時に巨人ファン復帰)との協議の結果、これは世のお父さん方がWBC観戦のため、家を出たがらないためにお店が暇だという結論に達しました。

 

そしたら12:00に出勤してきた後輩(野球よりもサッカー派)が

 

 

「今、ギリギリまでWBC見てたんですよ~」

 

 

などとホザキなさりました☆

 

 

 

なぬぅぅぅぅぅぅぅ!!

 

 

 

こちとら泣く泣くバイト入ってるっちゅうのに、こやつ思いっきり君が代唄ってやがった!!

 

でも途中経過聞いちゃうとビックリマン☆

 

1回で4点先制したとな?

 

これには思わぬ展開・・・

 

もう妄想が妄想を呼び、仕事どころではございません。

 

しましには店で大ミスする始末です(笑)

 

店に次々出勤してくる女の子に

 

「お前は・・・・・・・野球みないよね~」

 

といい続ける俺(笑)

 

もう続報が気になってしょうがない・・・

 

しかし、最近の高校生がバイト前の忙しい時間に野球を見る事なんて皆無!

 

結局バイトが終わるまで結果を知ることはできず(当たり前だけど)

 

店には世のお父さんがほとんどいない状況

 

でも野球ってまだこんな人気があるのね・・・

 

バイトが終わって携帯を見たら、親切にメールにて結果を教えてくれた人がいまして(俺の野球バカをよくご存知のお方☆)

 

結果を知ったら・・・・・10対6で勝利!!

 

 

 

ん・・・・?

 

 

 

んん!!?

 

 

 

10対6??

 

 

 

 

松坂から渡辺に継投するという話だったよなぁぁ・・・(笑)

 

 

まぁ結果が勝利だっただけに、そんな話をしてもしょうがないのですが☆

 

僕はこの継投策で6失点は計算してませんでした・・・。

 

キューバ恐るべし・・・

 

 

 

 

それにしても祝☆優勝ですね!!

イチローと上原のシャンパンファイトでのジャレつきようは笑えましたね(笑)

本当におめでとうございます☆

 

 

 

それにしても今回のWBC、本当にいろいろありましたね。

簡単に優勝したからいいじゃん☆では終わっていけない感じはします。

審判の問題

開催地、開催時期の問題。

参加に消極的なクラブチームの問題。

数々の問題は残しましたが、それについては書いたことがあるのでその今回は触れませんが・・

見たいかたはコチラ

しかしそれでも初代王者の座はやはり日本野球界にとっては大きな価値があります。

なんせ肩書きは世界一の野球リーグですから☆

その初代王者、松井秀樹も松井稼頭男も、城島も井口もいませんが

それでも、日本の野球の層の厚さ、技術の高さを証明できましたね☆

次回はアメリカも本気モードだと思います。

次回は3年後、チャンピオンとして堂々とゲームを行うために更に技術を上昇させ、次こそは1回も負けない完全優勝を目標に、また今シーズンを頑張って欲しいですね☆

| | コメント (1565) | トラックバック (797)

2006/03/20

51が背負うもの

 

 

本日のWBC準決勝、日本対韓国・・・・。

なんと、今まで一敗もせず準決勝にまで上り詰めた韓国に対して、今まで三敗、韓国に対して二連敗している日本が勝ってしまいました!

 

 

ルールとは言え、さぞ韓国の人も悔しいとは思いますが、日本としてはやはり韓国に対して三連敗は避けたかったから・・・

 

 

本当にホッとしました。

 

 

嬉しいよりもホッとしたというのが多少本音ではありますね(笑)

 

しかしながら、判定も公平に、試合も正々堂々と、やっと選手たちのプレーについて語れる嬉しさを今噛みしめております☆

いや~、ホント今までいろいろあった大会ですからねぇ~

 

さて、今回は面白おかしく今回の戦いを振り返って行きたいと思います!!

 

今回、日本のリーダーっつうか引っ張り役といえば誰もが知っているイチローですが、

 

 

 

もう今回目立ちまくり☆

 

 

発言だけで特集組まれちゃったりするあたりは、小泉首相ホリエモンかという時代に、イチローの発言は日本だけではとどまらず、賛否両論という意味で韓国でも話題になっているそうな・・・

 

世界のイチローは違いますね~

 

確かに今回のイチロー、興奮のあまりかちょっと過激な発言も目立ちましたね~

でも結果も同時に残すのがイチロー、今日の韓国戦では3安打2盗塁打点1。

世界の舞台でしっかりと成績を残すあたりは、イチローの存在の大きさを改めて感じずにはいられませんでしたね~

 

彼が背負うものは、本当に大変なものなのだと感じます。 

 

しかしなんといっても、今回の殊勲打は間違いなく中日福留選手の先制2ランホームラン。

なかなか安打は出るのに点を取れない嫌な状況を、2ランという形で打破したあの一打は、下手すると歴史に残る一発と言えるかもしれないですね~

 

相変わらず里崎はいい場面で打つし、

 

宮本は味を出しますよね~

 

上原は本当によく抑えました、シーズンであんな頼もしい姿は見たこと無い(失礼ですね)

上原ってなんか苦しそうに投げる人だからねぇ(笑)

 

 

 

はぁ、ホント勝ててよかったです。

ということで、棚から牡丹餅で準決勝に進出した日本も、本当に強かった韓国からやっと勝利し、決勝に進むことになりました。

 

決勝の相手は、アマチュア野球最強軍団、キューバです!

 

キューバは、本当に野球が好きなお国らしいです。

でもアメリカと国交が断たれているせいで、今回の大会も大変です。

厳重な警備のもとに練習も試合も行っています。

しかし、そんなマイナス要素ばかりの環境の中で、彼らが得ようとしているものは、勝利による誇りに他なりません。

アメリカも負け、プエルトリコ、ドミニカもいない決勝。

くしくもその場は、我が日本対キューバという形になり、キューバが国を挙げて誇りをかけて闘う最後の相手は、棚からぼたもち式幸運チーム日本ということになりました(笑)

韓国も国の名誉や誇りをかけて闘うことのできるチームでしたが、キューバはそれ以上に抱える重荷が大きいといえると思います。

侮れないどころか、挑戦者という精神で立ち向かうことで必要ですね~

 

 

なんせ、大きな声で「実力でここまできました!!」とは言えないですから(笑)

 

 

でも、運も実力の内。

ココまできたら、きっちり日本プロ野球80年の歴史をキューバにぶつけてほしいですね☆

| | コメント (1573) | トラックバック (336)

2006/03/18

心を込めて花束を

今回はめちゃくちゃ私的な文です、面白い記事などを希望していらっしゃった方、本当にごめんなさい(笑)次回はまた普通に戻るんで、今回だけ許してください! 

 

 

-------------------------------------- 

3月15日、無事大学の卒業式を終え、16日に大学主催の卒業パーティーに参加。

 

多くの友人と最後になるかもしれない言葉を交わし、写真を撮り、たわいも無い会話に大笑いをして、学生生活を終える。

 

この4年という年月は、確かに貴重であると言えた。

 

最後の学生生活という意味でも、社会進出への最後の通り道という意味でも、貴重であった。

 

しかし、貴重な時間という言葉はあまりに簡単すぎる。

 

いろいろなことがあった。

 

この貴重な時間を少し流された気がしないでもない部分も多い。

 

俺はおそらく、この4年で様々な変化があっただろう。

 

いい変化も悪い変化もあった。

 

考えても見れば後悔ばかりである。

 

やりたかったことをまったくできなかった4年間でもあり

 

やってはいけないことをやってしまった4年間でもあっただろう。

 

しかし、最後の最後まで変わることの無い事実は

 

友人や家族、バイトの同僚、お世話になった先生の存在こそが、俺自身の存在価値とまったく重なるという点である。

 

 

「人は一人では生きられない」

 

 

確かにそれは言えている、しかし俺のような人間はその言葉だけでは足りない。

 

俺は、周りの人から影響を受け、影響を与えていないとその存在をなさない。

 

そのような人間である。

 

この事実は4年前も今も変わらなかった。

 

悔いなのは悪い影響を多いに人に与えたわりには、いい影響ばかり人から受けたという点である。

 

理屈屋で、語り症なわりには、中身はいつまでも未熟であった。

 

しかし、相変わらず俺の周りの人間は、自分の未熟さに反して、実に面白さも優しさも弱さも兼ね備えた人間味ある人ばかりであった。

 

そして、その人たちを素直に好きな自分を俺は嫌いではない。

 

この事実こそが、この4年間の価値を救ってくれていた。

 

卒業パーティーにて、教授の一人がマイクを前に語ったテーマは、

 

 

「感謝」

 

 

昔から思うことは、どんなに濁った人間になっても、「ありがとう」という言葉だけは素直に言える人間でありたいということである。

 

偶然にも教授の最後のスピーチによって、そのことを学生最後の夜に思い出した。

 

俺がこの4年間で「ありがとう」という言葉を素直に言えたかどうかは、自分自身では判断がつきにくい。

 

しかし、俺が多くの場面でこの言葉を忘れていたのは確かであろう。

  

だからこそ、この場を借りてその言葉をたくさん使いたいと思う。

 

俺の苦手なクサいやり方だけれど、この4年でお世話になった人の中でも、もっとも身近で感謝しなければいけない人たちへ、感謝の気持ちをこの場を借りて送る。

 

 

 

 

 

今となってはかけがえのない音楽の楽しみ方を教えてくれた上、体を張って男の弱さを見せてくれてありがとな!そして今までケチばかりつけてごめんね(笑)4年間、それこそ一番長く一緒にいたけれど、この時間は一言二言では語れないものになったね~

 

 

バカも真面目もテンションも危ない単位も共有し、容赦ない言葉もしっかりくれてありがと~よ(笑)そしてなにより、なにもできなかった俺を助けてくれたあの旅行の夜に関しては、心底感謝してる。お前とはこの後も付き合いがある気がしてならないから、そんときゃよろしく☆メールしたらちゃんと返せよ!

 

 

様々な雑学と、かけがえの無いツッコミ(笑)なによりその優しさも苦手な厳しさも俺には新鮮でした。そしてなにより一番迷惑をかけたかな?ありがとうを何度言っても足りないです、でもほんとありがとう☆今後も君のその存在は、どうしようもなく会ってしまいたくなることがあるのでよろしくネ

 

 

その絶大な存在感と、人柄、言葉の重み、時々こぼしてしまう天然ボケ(笑)あなたとしたバカな会話も真面目な会話も、その全てが忘れられない、忘れてはいけないものになったという意味では、それこそありがとうというよりは、これからもよろしくという言葉が合ってるかな?でもひとまず4年間ありがとう☆

 

 

絶対に目の前にいたら言わないけれど、もしこのブログを偶然にも見てしまうようなことがあったら、笑いながら感謝の気持ちを受け取ってやってください。ホント世話になった。お前のおかげで、俺らがバカばっかやれていたみたいだわ(笑)

 

 

 

 

君の存在(じゃれ遊ぶような会話)は、たぶん最終的には俺にとってメチャクチャ癒しだったかもしれない(笑)かなり笑えるけれど、でもこれホントの気持ちです、ありがとう☆もし次会う機会ができたときには、君の口から様々な吉報を聞けることを期待しています!

 

 

天才の名を欲しいままにした発言の数々や、人に親身になりつつメチャクチャ厳しいとこ。どれをとってもそんなにいっぱい会話したとは言えないながら、すごい影響を受けました。ありがとう☆もし例の話の吉報があったらメール一つお願いします(笑)

 

 

一番脆かった時に、別に何も聞かず、何も言わないくせにメチャクチャその存在が助かったことは今でも鮮明に覚えてます。マジでありがとう、いつかその言葉無き存在感に助けを求めたくなったら、容赦なく連絡するんでよろしく(笑)

 

 

なんだかんだ言ってメチャクチャ人のこと考えてて、メチャクチャ優しいくせにすげぇ不器用でルーズ、一言余計なその口も、今となってはどれくらい皆理解してたかわからないけど、でもお前のバカみたいに素直になった時の一言は俺を嬉しくさせた。ありがとよ(笑)

 

 

最後の最後まで、お前にとって俺がいい存在ではいられなかったという後悔は、おそらく俺が一番この4年間で後悔した所。ありがとうという言葉よりはごめんという言葉が正しいと思う。次もし会う機会があるのなら、その時は面と向かってごめんを言えるぐらいには成長していたいから、そのときは俺の顔見て笑ってやってくれぃ。

 

 

理屈屋の俺に、理屈ではどうにもならない人の弱さを教えてくれたのはあなたでした。メチャクチャな喧嘩もして迷惑もかけて、でもそれによって俺が知りえた事は今後も俺の一番の課題になっていくと思う。ありがとう、ホントにお世話になりました。これからもよろしく(笑) 

 

 

ラストはあなたです(笑)俺はお前にありがとうは言わない。今まで偉そうなことばっかり言ってきて、今振り返れば俺自身もかなり未熟。だからこそ、こういう言葉で4年間を締めくくろう。「俺も必死に強くなるから、お前も必死に強くなれ!そしていつかバカな会話をしながら酒でも飲もうや☆」

 

 

 

まだまだ沢山の人に感謝しなければいけないけれど、この場を借りて一番大学生活で感謝したい人たちへ送る、俺らしくもない真面目な気持ちです(笑)

 

 

本当にありがとう

--------------------------------------

最近の大好きなサザンナンバーの中から、今の気分にぴったりな曲を選ぶとしたら間違いなく

 

 

「心を込めて花束を」

 

愛する女性(ひと)に唄った曲だけど、なぜか今の状態に合ってしまいます。

 

これがお別れでも最後の言葉でもないけれど、ブログの中で本当に電波に乗っけるべきではないぐらい私的な文を書いてしまってごめんなさい(笑)

 

今年、卒業される全ての学生の方、本当におめでとうございます。

| | コメント (2027) | トラックバック (599)

前回の続き

アメリカVSメキシコの試合結果によって、日本が準決勝に通過するなんて言っておいて、メキシコがアメリカに勝てるわけ無いよ~なんて思っていた自分・・・・。

 

 

メキシコ人の人、またはファンの方々、ごめんなさい!!

 

という事で、またアンダーソン一塁塁審が、ホームランを二塁打にしてしまうなどのどうしようもないハプニングも起きましたが、メキシコはそんな逆境を乗り越え、アメリカをくだしてしまいました(笑)

 

野球って本当におもしろい・・・

という事で、なにかの因縁か・・・三回目の韓国戦です。

日曜に試合結果、感想と共にまた更新しますね☆

| | コメント (664) | トラックバック (359)

2006/03/17

野球バカが振り返るWBC

さて、自称プロ野球大好き人間の僕にとって、今日は特別な日になりました。

 

いや、日本プロ野球界にとっても特別な日になったといっていいでしょう。

今日行われたWBC(ワールドベースボールクラシック)、日本は準決勝進出をかけた韓国戦でした。

韓国には日本で行われた一次リーグでも惜敗しています。その再戦という意味でも今回の試合の意味合いは非常に大きいものでした。

しかし、結果は1-2というスコアでの惜敗でした。

アメリカ対メキシコの結果次第では、準決勝には進めますが、自力での準決勝進出が叶わなくなった事実と、2試合連続で韓国に負けたという事実、この二つの事実はイチローが話すとおり日本にとって「屈辱的な一日」であることには変わりません。

 

 

さぁぁぁぁぁぁ、今回のWBCを振り返ってみましょう☆

 

 

野球にほとんど興味がない人、ホントごめんなさい(笑)

 

 

さて、野球ファンの方おまたせしました☆

語りたいことはいっぱいあるので、何点かポイントを絞って話していきましょう。

まずこれ☆

 

1、WBCの大会意義と現状

 

今回、WBCの意義というものはおそらく、世界に向けての野球復興、野球人口の拡大などが当てはまります。

 

野球の国際戦は、アマチュア向けのものしかありませんでした。サッカーのようなW杯のようなプロ選手がこぞって参加し、国の旗の下に戦うという機会は、プロ野球選手にとってはありませんでした。

近年夏のオリンピックでは、少しずつプロ選手が参加するようになりましたが、それでも野球の世界最高峰、アメリカメジャーリーグからの参加者はいませんでした。

 

なぜ、サッカーと野球にはこれほど国際試合の価値に差があるのか?

一つに試合数がいえます。

 

サッカーは年間どんなに多くてもこなせて40試合前後なのに対して、野球はアメリカ、日本共に140試合~170試合程度をこなします。

これは一年の半分ほどを試合に費やす計算になります。世界中どこを探してもこれだけ大きな人気をもつスポーツで、これだけ試合をこなすプロスポーツはなかなかありません。

そのため、一年を通して行われるペナントレースの価値観も大きく異なります。

それに対してサッカーは、普通のシーズン以外にトーナメント方式の大会、クラブチームごとの国際戦に加え、代表戦を同時にこなします。

代表戦のためにクラブチームの試合に出ないなんてこともチラホラあります。

そのため、ペナントレースしかないプロ野球選手にとって、そのペナントがどれだけ大きな意味合いを持つかは、やはりサッカーとは違いがあると言えます。

 

もう一つは世界的な普及率であるといえます。

 

野球は今回の参加国でさえ16カ国、それに対してW杯は世界中のほとんどの国が参加しています。

特にアフリカ、南米、アジアの普及率には大きな差があります。

 

つまり貧しい国には非常に野球が普及していない。

 

それこそが今回の大会の開催意義でもありますが、この世界への普及率の低さはW杯に比べて大会価値を下げているのは事実です

そのため、クラブチーム側が参加へ消極的です。

つまりクラブチームの参加に対する意識レベルの低さが、どうしても今大会の価値を下げています。

そのため、選手が快く参加できない。

日本の松井秀喜選手が不参加したことがやたら話題になっていますが、メジャー選手はもちろん日本プロ野球選手だって、完全なベストメンバーとは言えません。

それは、参加に協力的なチームと消極的なチームとの差があるせいでもあります。

特に僕が訴えたいのはどうして中日の岩瀬投手が出ていないのかということ!!

彼はここ数年にわたって、日本では一番の成績を残している左投手の貴重な存在です。

あの松井をも苦しめた存在でもあります。

今、強打者といえば左打者という時代で、強力な左投手は非常に貴重!!

しかし、中日、阪神などのチームは非常に参加に対して消極的な面を見せました。

これで選手が自ら参加したいと言えない状況を作ってしまいました。

 

今回の日本の敗戦によって、その大会参加に対しての姿勢が改善されるかは、今後の大会意義に大きな影響を与えるものと考えられます。

この大会が参加することに意義があり、勝つことに誇りが伴うような大会になれば、まずこの大会の大きな一歩だといえます。

 

 

しかし、この今まで述べたような問題以上に根本的な理由として、開催国アメリカの大会開催に向けての対応にも大きな問題があります。

 

まず、今回の開催地はそのほとんどがアメリカ。 

1次リーグこそ分かれて行うものの、2次リーグからは完璧なアメリカとラテンアメリカ。

つまり、アジアのチームによって完璧なアウェイに行われることになります。

 

百歩譲ってまだ第一回だからそこはしょうがないとしても、キューバへの対応にはいろいろと問題がありました。

アメリカはキューバに対して経済封鎖を行っています。そのため今回の開催売上金の各国への分配金をキャーバへは払えないとして、キューバの参加を一時は拒みました。

キャーバはアマチュア野球の最高峰、このアメリカの対応は大会価値を大きく下げるものでした。

なんだかんだもめた挙句、売り上げ分配金の対処方法で合意し、参加することにはなりました。

 

しかし、アメリカのしでかしたことはこれだけではありません。

 

投手の投球数の制限も、アメリカメジャーリーグ機構の事情だけで決められたものでした。

詰まる所、この大会の影響がペナントに出ては困るということ。

しかし、野球において投球制限など前代未聞。もちろん真剣勝負にそんなことがあってはその勝ち負けの意味合いが濁るというものです。

もちろん、年俸が年々上昇していくアメリカにとって、選手のケガは大きな痛手であることは事実です。

しかし、このルールとキューバへの対応は、この大会がアメリカ主導で行われてしまっている事実を露呈しているとも言えました。

 

2、日本にとっての今大会

 

日本はアジアでは一番野球の歴史が長いです。

およそ70年の歴史があります。これはアメリカに追いつけ追い越せをしてきた歴史であるとも言えます。

しかし、日米野球という親善試合はあってもプロとプロの真剣勝負は今までなかなか叶いませんでした。(もちろん日米野球はみんな真剣になっているとは言いますけどね)

 

その日本にとって、アメリカとの真剣勝負は夢ともいえるものでした。

 

だからこそ今回の戦いを公平にやりたかったと言えます。

 

しかしアメリカ主導で行われてしまっている現状に日本は最後の最後まで参加に対して渋い対応をしていました。

それでもオリンピックで野球、ソフトボールなどの競技がなくなった事実は、日本が参加に対して義務意識を持たせるには大きな出来事でした。

日本はそれまで、野球ではアジア最強の名を欲しいままにしていましたが、韓国戦連敗は今後日本野球に大きな影響を与えるでしょう。

それも、少しメジャーナイズされて精神的な部分を忘れていた日本野球にとてもいい刺激があると僕は思います。

もちろん悔しいですが!!

 

それと同時に、サッカー人気に押されていたプロ野球人気を根底から立て直すいいきっかけにもなると思います。

僕も阪神藤川が、アメリカ最高年俸男A・ロドリゲスに向かってまとまらないコントロールの中で必死に精一杯のストレートを投げる姿は、久々に震えるものを感じました。

あれは、ペナントレースではなかなか感じられないものだと思います。

 

3、問題のアメリカ戦のタッチアップ判定

 

さて、知っている人も多いと思いますが、あの判定について。

実は僕はこの判定に関して、単純にあってはいけないという認識の他に、もう一つ違う認識を持っています。

簡単に言えば、あんな判定があったからこそ負けてはいけない試合だったということです。

日本はアメリカに対して、おそらく「勝たなくてはいけない」という認識では戦っていませんでした。

アメリカは憧れの相手、接戦を演じれれば誇りは守れるという認識であったと言えます。

しかも完璧なアウェイ。

それも図ったかのようにアメリカが裏の攻撃(野球において接戦や延長という状況は裏の攻撃チームが有利だといえます)

イチローはそんな日本人の意識こそ一番恐れてからか、メディアの前で勝たなくてはいけないといったようなコメントを繰り返します。

それほど、日本人選手にとってメジャーというのは憧れの存在だと言うことです。

 

しかし、あのプレーによって、日本は負けられない試合になりました。あの屈辱的な判定に対して、真っ向から批判を展開するためには負けてはいけなかった。

 

仮に負けたのはしょうがないとして、雪辱を果たすには後の2戦は負けてはいけなかった。

韓国戦は、1次リーグでの敗戦に対する雪辱戦であると同時に、アメリカ野球に対しての雪辱戦でもあったのです。

結果は惜敗ではありましたが、気持ちでの気負い。つまり精神的に弱い面をさらしてしまったのは事実です。

確かに韓国は強いですが、今大会はただ強いチームが勝つ大会ではないです。

アメリカも負けていますが、韓国との力の差があるとは考えにくいです。

あるとすれば精神的な差大会に対する姿勢の違い。

これは後を引きずると思います。

 

 

ただ判定のことも少し・・・・。

 

あの審判がしてしまった失敗は、一度下した判定を覆してしまったこと。

アメリカとして考えれば、開催国が次回開催に向けて公正をきす大会にするには、ただですらアメリカ主導で行われているというレッテルを払拭するためには、判定だけは公正に行われるべきであった。

どの競技も、ビデオ判定という機能でもないかぎり、一度下した判定は覆ってはならないという基本があります。

ましてや微妙な判定、タッチアップのような例は絶対に覆ってはならない。

仮にタッチアップが早かったとしても、一度セーフにしてしまったらセーフ。

 

僕は開催国として、勝負を捨ててでもあそこはセーフのほうが良かったと考えています。

 

アメリカはあの判定によって、勝負に勝った変わりに野球大国としての誇りを失ったと言えると思います。

アメリカは次の日の試合で、韓国に大敗を喫しました。

少なからず、この判定によっての、自国他国含めた情報の嵐は選手たちに影響を与えたと思います。

あの判定によって失ったものは、この大会の行方を左右するものになるかもしれません。

 

4、っうことで総括を・・

 

なんだかんだケチがついてしまった大会ではありますが、まだ終わっていません。

仮に日本が準決勝に進めないとしても、次回開催は2009年にまたやってきます。

きっといろいろルール改正など行われるでしょうね。

この大会がW杯のような価値ある大会になることをまず一番に望むところですが、それと同時に今大会の雪辱は必ず果たして欲しいですね☆

そのころにはイチローもかなりのベテラン、選手もまた少し変わってくるとは思いますが・・・。

にしても広島の選手の活躍があまりにないのが寂しいです(笑)

今回はほんとに長い文になってしまってごめんなさい・・・

野球バカでした☆

| | コメント (3562) | トラックバック (492)

2006/03/15

そつぎょ~しゃし~んのあの人は~♪

野球大好き人間としては、WBCについて書かずにはいられない所存ですが・・・、とりあえず明日は卒業式です。

大学4年間がとうとう終わりますね~、いや長いような短いような・・・

本当にいろいろあった4年間でした。

ということで明日は最近の堕落した生活の中ではひときわ早起きなため、長い文は無理なため、WBCネタは日本の2次リーグの結果が出てからにしましょう。

僕ももちろん朝5時45分からしっかりテレビ観戦した口ですので言いたいことはいっぱいありますよ、そりゃ☆

ということで、そんな僕の野球ネタを見てもいいという人は、近いうちにまたいらっしゃってください☆

| | コメント (355) | トラックバック (604)

2006/03/13

マリリンは確かにキュート☆

最近、カーリング娘と呼ばれる女子カーリングチーム「チーム青森」に大変な注目が集まってますね~

 

今日も日テレ「うるぐす」で特集が組まれています。

僕もトリノオリンピックでカーリングを見てから、彼女たちには注目していました。

 

なによりカーリングってこんな面白いのね!?って発見がありました。

 

「氷上のチェス」と呼ばれるこのスポーツ、正確に言うと「氷上のおはじき」というのが正しいかもしれませんが、本当に面白いスポーツ。

感覚で言えばビリヤードに近いですが、頭を使うという点では確かにチェス☆

 

オリンピック中継も編集されたものばかりで、臨場感が足りないのが残念ですが、実際には結構時間をかけてやるスポーツです。

ですが、頭を使うという点では、体の大きさなどで欧米に劣る日本人でも、全く問題なくこなせるスポーツであると言えます。

 

 

しか~し!!

 

 

日本では、カーリングを初め、フィギアスケートなども荒川静香選手の発言などから問題がでてきましたが、競技環境というものはあまりよくありません。

 

今回日本代表として出た「チーム青森」ですら、地元青森を中心とした募金活動、カーリング支援商品などによる資金提供で、強化合宿などに取り組むなど大変な苦労が伴いました。

 

注目をなかなか浴びない競技は世界を相手するのはすごい大変なことです。日本では人気の高いフィギアスケートですら、金メダルの報奨金は数百万、それに対して年間にかかる費用は一千万円を超えることもあるそうです。

 

 

日本はスポーツにあまりもお金をかけない!!

 

 

それに対して、野球にはお金をかける(笑)

その野球でさえ、ここ最近では赤字が目立っています。

 

 

困ったものですね~、この状況のままでは冬季オリンピックはもちろん、夏季オリンピックもメダルが遠くなる日が近い。

日本におけるナショナルスポーツへの支援は他の国に比べて少ないです。

他の国では、スポーツだけを専門とする省庁があるくらいなのに、日本ではプロスポーツ以外はいまいち注目が集まりません・・・。

 

 

このままではそのうち、柔道しかメダルが取れなくなってしまいます・・・。

 

 

その点、青森県はうまかった☆

 

 

募金活動だけならまぁわかりますが、ニュースで注目を浴びたのは「カーリングバナナ」!!

 

決してカーリングをするバナナでも、カーリングストーンの形をしたバナナでも木の実ナナでもございません。

ただのバナナ!!

ただ売上金の一部がカーリング支援金に使われるそうな・・・

なるほどね~、これなら買ってもいいかも(笑)

 

なんか応援している気になるし、バナナも食べれる!!

君もバナナを食べながら彼女らを応援しよう!!みたいな(笑)

 

これは絶対バナナの売り上げ自体が上がるよね~

日本が国の政策としてスポーツに力を入れることは実に難しいですが、こういう地元全体が力を入れてスポーツに取り組むことはすぐにでもできそうですね☆

 

 

フィギアスケートがなぜか名古屋で盛んなら・・・

 

 

 

「フィギアひつまぶし!!」とかどうでしょう(笑)

 

 

 

北海道では「モーグル白い恋人」!!とか☆

なんか楽しくなりますね(笑)

まぁ、なんにしても地元の応援があって盛んになるスポーツの形を作ったカーリングの今回の支援方法を、他の競技もマネしていくことが大事ですね~

にしても、「チーム青森」の林選手、リーダーの小野寺選手に比べて寡黙な感じがする選手ですが、意外に小さい方なのを今日発見☆

やっぱりカーリングは競技する人が普通っぽいのも魅力ですね☆

| | コメント (2079) | トラックバック (811)

2006/03/12

やべっちは右脳人間

世の中は脳力トレーニング関連のグッズなどが流行っているそうです。

なんでも、最近の任○堂さんなどが出しているゲームでは右脳が鍛えられるそうな・・・

 

右脳というのは直感的なことを考える部分、左脳が論理的ことを考える部分だそうで、腕組みの形で右脳人間か左脳人間かがわかるらしい!!

 

と今やっているナイナイサイズでやっていました。

早速レッツ腕組み!

 

 

ちなみに僕は右腕が上にくる形の腕組みでした。

右腕が上にくる人は左脳人間!

左腕が腕にくる人は右脳人間なんだそうです。

 

僕は左脳人間ということは・・・論理的に物事を考えるタイプ。

 

ん・・・・・なんか面白い結果とは言えませんね・・・。

 

 

なんか直感的な人のほうが面白いことが言えそう(勝手なイメージ)

人は歳を取れば取るほど右脳より左脳を使うようになるそうです。

 

なるほどねぇ・・・、なんとなく納得できますよね~

 

だからといって左脳人間が年寄りくさいというわけではありませんが、なぜか論理的な人間といわれてあんまうれしくないのは僕だけでしょうか・・・

つまるところ歳を重ねてからの脳力トレーニングは効果的なのかもしれませんね。

子供のうちから右脳を使うトレーニングをして、直感的な人間ばかりの世の中を作るのはいささかハラハラした世の中になりそうですが、今までのように論理、哲学だけを当てはめる世の中とは全く違う世界になるかもしれませんね~

 

僕も脳のトレーニングしてみようかしら・・・

 

明日もなんかあったら更新しま~す☆

 

| | コメント (57) | トラックバック (121)

2006/03/11

隙間産業☆

最近卒業間際で遊びまくっていて眠いです、なので今日はそのまま寝ます・・・。

次回しっかり更新するんで許してね☆

 

 

 

なんか最近いい訳が多いな(笑)

| | コメント (22) | トラックバック (23)

2006/03/08

VSヤンキーばあちゃん

今日、モスバーガーのバイトで、孫を連れたヤンキーばあちゃんが、一回の来店で4日もの細かい注文・・・

久々にフロントにて注文を取っていた俺、慣れているキッチンとは違い、知識ではあっても体で慣れてはいない仕事の連続の中、やけに暖かい陽気のせいか店は平日にはない繁盛振り・・・

 

 

その中のヤンキーばあちゃん・・・

 

 

細かい注文を受けると、一回一回の注文をまとめて会計しなくてはならなくなり、電卓を使った計算が必要になるのですが・・・

めんどくさかったので、頭で暗算をしようとしたのですが、これが見事に頭で計算できず、ヤンキーばあちゃんの前で?マークを顔に出してしまったのが運の尽き・・・

 

 

 

 

 

 

 

「兄ちゃん、だいじょ~ぶ??しっかりして~よ(笑)」

 

 

 

 

改めて電卓で計算しようとすると、大きくお笑いになられました・・・

悔しい・・・

長く仕事をやっていても、計算が苦手なのは変わりません。

ましてや引き算はすごい苦手です。

しかし、ヤンキーばあちゃんの笑い方を見て、笑顔で誤魔化せない自分がいました。

確かに俺の不手際なんだけどねぇ・・・

あぁぁぁ・・・・悔しい!!

| | コメント (2130) | トラックバック (219)

2006/03/07

ちょっと一息

本日、無事大学を卒業できることになりました

本当に今日の今日まで不安だったのですが、なんとか単位を間に合わせました。

 

 

 

 

本当によかった・・・・。

 

 

 

ということで(どういうことで?)「さんま御殿」を久々に見ました。

 

明石家さんま師匠のオンステージを見させていただきました。

 

うまいよねぇ、若手の笑いすら拾ってしまうえげつなさは少々ありますが、俳優やアイドルを目の前にこれだけ笑いを産むのは、相当なテクニックだと思われます。

それにしても、最近のお笑いの人はもちろん、アイドル、モデル、俳優と幅広い分野の芸能人がおりますが、バラエティの技術は欠かせない分野ですね。

劇団ひとりさんが番組内で言っておりましたが、バラエティの収録が終わると、良かった日でも悪かった日でも反省点が頭によぎって眠れなくなることがあるそうです。

 

 

んん、お笑いの人に仕事は本当に簡単ではないし、答えが見えませんね。

 

 

映画においても、感動できる映画を作るよりも本当に面白いコメディを作るほうが難しいと言いますね。

人を笑わすことの難しさをひしひしと感じる今日この頃です。

友人のブログも書いているしゅうちゃんが、本屋で聞いた高校生の話についての記事を書いていましたが、会話の技術、コミュニケーション技術の重要性は本当に高いです。

就職活動でも、試験の結果よりも面接での対応を気にする会社は本当に多いと感じました。

さんま師匠は、お笑いは体なんか使わずに頭ばかりを使うと言っていました。

まぁ、最近はリアクション芸人というポジションが明確になってきていて、体を使う人もいるものの、お笑いの真髄はやはり頭の回転に他なりません。

 

頭の回転の点で、さんま師匠の右に並ぶ人は今はいないかもしれないですね(笑)

お笑いにはセンスも必要です、その点はダウンタウンの松本さんが僕はピカ一だと思います。

 

僕も欲しいなぁ、ピカ一の頭の回転とセンス☆

 

しかし頭は本当に使わないと、衰えますね・・・。

人と接している時間が少なかったり、一定の人ばかりと会話していると、コミュニケーションをしっかり意識していない自分に気付きます。

これは本当に困ってます・・・、昔は会話の中で笑わそう笑わそうとばかり考えている時期もあったのに(俺はいったいなに?)最近はめっきりダメです。

まぁ、お笑い芸人ほど会話を意識することはなくても、退屈しない会話、ただ口を動かすだけの会話は避けたいものです。

こんなに会話について熱く語っていても(笑)まったく頭を使わないで会話をしていることもあります。

もちろん、全く気にしないで会話をできる人がいることが前提での話しであることは言うまでもありませんが・・・。

 

 

さて、このブログも笑いについて触れているのだから、そろそろ面白いこともかかないとね~☆

| | コメント (20) | トラックバック (150)

2006/03/06

W(私は)B(馬鹿な)C(カープファン)

WBC、やりましたね~

 

 

 

 

WBC世界バンダム級チャンピオンVS・・・・

 

 

なんていうプロレスの話では決してありません。(このネタ、結構あちこちで使われているみたいです)

ワールドベースボールクラシック、訳してWBC。

そして今日、アジアラウンドの最終戦、日本対韓国が行われました。

 

日本は他の2戦、チャイニーズタイペイと中国に対してコールド勝ちという大差での勝利。

チーム自体も追い風ムードのように思われたのですが・・・

 

本日行われた韓国戦、逆転による2対3での負けという結果になりました。

韓国はチャイニーズタイペイに2対0という接戦での勝利、打撃陣、守備陣、投手陣ともに日本が頭一つ出ているのは、負けた結果を見たとしても明らかだと感じます。

しかし、今日行われた試合は負け、決して日本が戦力を隠したわけではありません。全力でのプレーでした。

幸い、アメリカでの本戦出場は決定していたため、今回の負けで終わりではないのでが救いです。

 

 

しかしながら・・・、

 

 

イチローが「30年は日本に勝てないと思わせるような形で勝ちたい」と言っていた様に、日本はアジアの中でも一番の野球先進国。

打倒アメリカを掲げて望んだアジアラウンドでの敗戦。

日本がこぞって「優勝」を口にしながらの敗戦は、リアルな韓国野球との力の差が縮まっている事実や、世界の壁を感じざるおえない結果と言えると思います。

 

 

 

正直・・・結構、悔しい結果です(泣)

 

 

 

つまり、接戦になるとどうしても野球は運が左右され、実力差が見えにくいところがあることが今更ながらにわかりました。

なんせプロ野球の一位のチームですら年間50敗近くはするわけですから(笑)

しかし、ということはアメリカやメキシコなどのオールメジャーのチームに当たったとしても、1、2点で抑えることができれば、そこは運が左右するところが大きいという事です。

 

 

もちろん、至難ですが!!!!(笑)

 

 

にしても、野球は難しい・・・。

まさか、石井があの場面で逆転ツーランを浴びるとは思いませんでした。

しかし打った李をそこは褒めなくてはいけませんね、石井の調整遅れも心配するところでしたが、そんなに遅れているようにも見えませんでしたし・・・。

さぁ、今度はアメリカラウンドです。

メジャーリーガーがやけに目立ったアジアラウンドでは見れない世界がそこには待っています。

今回の敗戦で、更にWBCへの関心が高まってくれれば幸いです。それとともに、更に高まる選手たちの危機感を持ったプレー、緊張感のある試合、それでいてビックなプレーを期待したいと思います。

 

 

 

それにしても、王監督!!

ぜひ新井の出番を与えてやってください!仮にもセ・リーグのホームラン王なんですから!(笑)

| | コメント (791) | トラックバック (391)

2006/03/03

大阪出張総括

ということで帰ってまいりました、埼玉☆

 

 

昨日帰ってきたのですが、更新を怠って申し訳ないですm(__)m

大阪に行くと、決まってこうなるだろうな~ということが一つあります。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

大阪弁が軽くうつる(笑)

 

 

 

 

もともとお笑い好きな俺としては、大阪弁もどきの言葉を使うこともシバシバなんですが、そのパーセンテージが一気にアップ。

心地よい大阪弁にうっとりしてしまいまして、すっかり影響を受けてしまいました。

 

 

 

また大阪弁を巧みに使う女の子の可愛い可愛い!

   

 

 

 

 

こんな女の子たちに四六時中ツッコミを入れてもらえるボケの皆さんは幸せです(笑)

大阪と言えば、道頓堀ってことでしっかり見てきましたよ~

かに道楽も食い倒れのおじさんもしっかり見てきました。

 

なんか大阪は目立つことが凄く美味い☆

 

 

 

 

えぐいとも言えますが(笑)

 

 

 

 

でも、シンボル的なものが凄く多いですよね~、入り組んだ道ももちろんあるのですが、目立つから見つけるのは簡単☆

ただ大阪駅の地下街は結構迷いました~

ただ商売っ気オーラがすごく感じます、パワーのある街でした。

さて、笑いの街、吉本の街ということで、吉本芸人はもうアイドル扱いですね☆

 

お笑い芸人のシールや下敷き、トランプ、鉛筆、まさにアイドルグッツ並みの並びようです。

 

笑いというものの注目度が全然違いますね~

一般人や企業も、人を驚かしたいみたいなところが多いように感じました。

  

 

なんかこのままだと、単なる旅行日記なんで、今回はこの辺で~

| | コメント (20) | トラックバック (161)

2006/03/01

大阪出張日記⑦

ただいま二日目の朝十五時(^^;)ドン○ホーテの観覧車に乗る。これが意外に高くてかなりビビる(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (132)

大阪出張日記⑥

ただいま二日目の朝十一時(^^;)笑いの聖地なんば花月到着、おみやげやでギャグトランプ発見、悩む…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大阪出張日記⑤

ただいま二日目の朝十時(^^;)今日は本場のなんば、心斎橋あたりにいってきます☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«大阪出張日記④